読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるクリエイティブ TOKYO

ゆるゆる思考で、ゆるクリエイティブなオトナの学び場

レゴ の検索結果:

レゴブロックを使ってU理論を学び体験するワークショップに参加してきました。

みんな大好きなレゴブロック。 この4月には名古屋にレゴランドがオープンし、今年はますますレゴが熱くなりそうな予感がしています。 www.legoland.jp レゴ®️シリアスプレイ®️ ✖️ U理論を体験 ゆるゆるクリエイティブでも何度かご紹介していますが、レゴブロックを使ったコミュニケーション手法であるレゴ®️シリアスプレイ®️(以下、LSP)というものがあります。 今回は、LSPを使ってU理論を学び体験するワークショップに参加してきましたのでレポートしたいと思います。 …

ワークショップやファシリテーションに関するオススメの講座とその理由。

…イツ みんな大好きなレゴブロックを使ったワークショップに興味がある方は、この講座がオススメです。 LSPとはLEGO®️SERIOUS PLAY®️(レゴ・シリアスプレイ)の略です。この手法をまだ体験したことのない方は、ぜひ体験イベントに参加してみて下さい。書籍も発売されています。 戦略を形にする思考術: レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる posted with カエレバ ロバート ラスムセン,蓮沼 孝,石原 正雄 徳間書店 2016-07-29 Amazon…

カードゲーム「2030 SDGs」とレゴで学ぶ、世界の複雑な問題が解決しない理由とは?

…」理事の井澤さんで、レゴブロックを使うファシリテーター仲間でもあります。 参加するにあたり、このイベントの参加資格は中学生以上の学生と社会人でしたので、半分くらいは学生かなと想像していました。 しかし、実際に参加してみると約35名の参加者の内、学生は1割程度だったのではないかと思います。 中学生との対話はどんな感じになるのかと密かに期待していた私のテーブルは残念ながら大人だけでした。 これまでの開催実績として学生と社会人の割合は気になるところです。 学生も社会人も楽しめるプロ…

娘をワークショップに参加させたら、親として大切なことを学んだ。

…。 アイスブレイクにレゴブロックを使ったら、参加した子供の一人がレゴに夢中になってしまい、ワークショップが終了するまでずっとレゴで遊んでしまったなんてチームもありました。 私の娘のようなケースも、子供慣れしていないファシリテーターだったらどうしていいか分かりませんよね。 小学生向けのワークショップの場合、参加する子供たちの学年がバラバラのケースが多く、そのため子供たちの能力差がワークショップのデザインやファシリテーションにとても影響するのです。 ワークショップの本質とは 「F…

「Points of You Conference 2017」(有資格者限定)に参加してきました。

…す(以下参照)。 「レゴとフォトカードを使って、来年の抱負をつくろう」という、ゆるゆるワークショップを開催。 - ゆるゆるクリエイティブ TOKYO 「レゴとフォトカードを使って、来年の抱負をつくろう」という、ゆるゆるワークショップ【第2弾】を開催。 - ゆるゆるクリエイティブ TOKYO そんな「Points of You」の有資格者が一堂に集まる「Points of You Conference 2017」というものが初開催されるというので、参加してきました。 会場の入り…

「レゴとフォトカードを使って、来年の抱負をつくろう」という、ゆるゆるワークショップ【第2弾】を開催。

前回に引き続き、レゴとフォトカードを使って、来年の抱負をつくるワークショップを開催しました。 今回は開催日の1週間前を過ぎてから告知をするという無茶なことをしてしまいちょっと反省。というのも開催2日前まで申込者がゼロだったからです。 声をかけた方から「参加したい」という返事はあったのですが、仕事だったり、帰省だったり予定のある方がほとんどだったのです(そりゃそうですよねー)。 また、ワークショップスタイルなので、最低でも3名は参加者がいないと開催中止だなという思いもあり少々焦…

「レゴとフォトカードを使って、来年の抱負をつくろう」という、ゆるゆるワークショップを開催。

…、年末年始企画としてレゴとフォトカードを使って、みんなで来年の抱負を作る「ゆるゆるワークショップ」を開催しました。 今回集まっていただいたのは、様々な分野のプロフェッショナルの方々で、その数なんと5名!(ありがとうございます) そんなみなさんに、先月手に入れたばかりのパワフルなコーチングツール「Points of You®」と、ここ数年仕事でよく使っているレゴ®シリアスプレイ®を融合させた全く新しいプログラムをトライしていただきました。 「Points of You(ポインツ…

「作りながら考える!?ゼロから学ぶデザイン・シンキング「プロトタイピング」ワークショップ」に参加しました。

…マシュマロの代わりにレゴのミニフィグ、パスタの代わりにストロー。その他に、紙コップ2個、厚紙、ボードなどを使って高いタワーをチームで競いました。 ミニフィグとストローでもマシュマロチャレンジと似たような効果を体験できたのが面白かったです。 ちなみに今回のワークショップでプロトタイピングしたのは「未来の音楽体験」。 デザイン思考のプロセスにはユーザーの潜在ニーズを発見する「共感・理解」というようなプロセスがありますが、今回のワークショップでは、参加者自身の過去の音楽体験を作文(…

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」をレゴで楽しむ読書会【第4弾】を開催。

…回の記事で命名した「レゴonブック」ワークの様子です。 全員が同じレゴブロックのセットを使って、同じお題を与えられたにも関わらず全く異なる作品ができあがるので、見ていてとても面白く、そのため他の人が作った作品に対して興味を持って話を聞くことができます。 また、作品を見ただけではその意味やストーリーを理解できないという点も、興味をそそる理由の1つだと思います。対話のためのツールとしてレゴはとっても優れているんですよね。 また、目の前に実際に手で触れることができるモノとして実体が…

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」をレゴで楽しむ読書会【第3弾】を開催。

…るゆる読書会定番の「レゴオンブック」ワークのアウトプットです。ちなみに「レゴオンブック」とはたったいま思いつきで考えたネーミングで深い意味はありません。 今回もみなさんスマホで撮影していました。 参加者の中には今日初めて会った人同士もいらっしゃったのですが、自己紹介等の話題をきっかけに共通の知人がいることを知って驚く場面もありました。 この読書会がきっかけで人と人がつながっていくと、何か面白いことがあるのではないかと勝手に想像しています。 プログラムが進行するにつれ、本に対す…

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」をレゴで楽しむ読書会【第2弾】を開催。

…ったかもしれません。レゴと読書会が引き合わせてくれたご縁に感謝!読書会も楽しんでいただけたようなのでホッとしました。 今回もマンションの1室を借りて実施しました。会場に入るときからまるで誰かのお家に遊びに行ったような気分になるため、アットホームな雰囲気を楽しめるのが魅力のひとつです。 前回は管理人が常駐している部屋をお借りしましたが、今回は管理人不在でドアの鍵も空いていたので ビックリ。予約時間が来たら勝手に入って、終了時間になったら現状復帰してそのまま帰るというスタイルでし…

リンダ・グラットン教授の最新著書「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」をレゴで楽しむ読書会をやってみた。

…ています。 例えば、レゴの作品をのせた本を並べたら絵的に面白いんじゃないかというところから考えてやったのが下の写真です。 SNS映えするせいか、参加した皆さんも嬉しそうに写真を撮っていました。 「Read For Action」のリーディング・ファシリテーターが開催する読書会はその名の通り、「読むだけの読書から、行動する読書へ」というのがコンセプトになっています。読むだけでは終わらせないといった感じですかね。 「ゆるゆる読書会」でも、事前に本を読まなくてオッケー、本を端から端…

読書会に関する参考情報まとめ

…を形にする思考術: レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる 作者: ロバートラスムセン,蓮沼孝,石原正雄,Robert Rasmussen 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/07/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る マインドマップ読書術 (トニー・ブザン天才養成講座) 作者: トニー・ブザン,近田美季子 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2009/05/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: …