ゆるゆるクリエイティブ TOKYO

ゆるゆる思考で、ゆるクリエイティブなオトナの学び場

書籍「仮想通貨革命」を読んで、マインドマップにしました。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20190515190642j:plain

f:id:justyle:20190515190707j:plain

書籍「仮想通貨革命」を読みました。本書が出版されたのは2014年なので内容もちょっと古くなっている部分があります。

 

本書で勉強になったのは、DACについての説明です。

DACとは、Decentralized Autonomous Corporationの略で、自動化された企業(自律分散型企業)などと呼ばれているものです。DAO(Decentralized Autonomous Organization:自律分散型組織)も似たようなもの。

他の書籍などで言葉は知っていたもののいまいち理解できませんでした。

本書によれば、ビットコイン自体がDACだとみることができると書かれています。

つまり、ビットコインの保有者を株主とし、マイナーを従業員だととらえると、マイナーは、ビットコインシステムを維持するサービス(マイニング)を提供し、報酬を得ているということができるわけです。

厳密にはマイナーもビットコインの保有者になるので、ややこしいですが、DACという概念を理解するには十分でした。

あと、本書を読んで電子署名について理解が進みました。

 

ちなみに、ビットコインを理解するには、最低限次のことを理解している必要があると書かれています。

ビットコインは、P2Pネットワークによるプルーフ・オブ・ワークでブロックチェーンを維持することによって運営されている」(本書より)

頭の中が?だらけになった方は、初心者向けのイベントにご参加ください。

残席あとわずかとなっております。

asuyomi20190521.peatix.com

 

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない